« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年4月

2009年4月18日 (土)

葬儀の心得 供花と供物について

生花は、近親者や故人とのつながりの深かった

人が供えることが多いようです 花の色は白か

淡い色が無難ですが故人が特に好んだ花があ

れば、それでまとめてもよいでしょう 果物の

供え物もよく供えられますが篭詰めにして白

か黒のリボンをつけます 祭壇の飾りつけに

間に合うように早めに届けるようにしましょう。

019

供花の申し込みはコチラ

できます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬儀の心得 故人との対面

最近では住宅事情その他により納棺が

早くなり故人と親しい者との対面はお

別れの時か、火葬場での納める前に

棺の窓の扉を開いてお別れをする場

合が多くなりました 安らかな死や

美しい死に顔であれば、故人と親し

かった人には対面してもらいたいとい

う気持ちがあります。

008

葬儀がコチラ

よくわかります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

葬儀の心得 遺品について

手紙や日記、住所録、手帳などはいつ

必要になるかわかりませんので1~2年

は保存しておくようにします。故人が愛用

した身の回りのものは、形見として予定

できるものと、保存しておくもの、処分し

てしまうものに分けるようにします。亡き

人の思い出の品は、いつまでも涙の種

になるものです。思い切って処分してし

まうのもひとつの方法でしょう。

021

葬儀の事はコチラ

よくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬儀の心得 お墓と水

仏前に供える水を「閼伽水」といいます。インドでは

客を歓迎する時に水を差し上げる風習があります。

またインドの国王の即位の儀式では水を頭に注ぎ

ました インドでは大変貴重な役割を果たしています

仏教的には水は「煩悩の垢を洗う」というような意義

づけもされ、お墓参りのときにも、墓石の上から水を

かけて、洗い清めるようになりました。

004 水も大切ですね

桐ヶ谷斎場での葬儀はコチラ

よくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »