« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

葬儀屋さんの大晦日

葬儀の桐里センター 三ツ木です

今年もあと6時間あまりになりました。

1年間いろいろな葬儀をお世話させていただき

さまざまな方と出会い、経験を増すことができ

ました おかげさまの今年を過ごせました。

葬儀屋さんの大晦日は、除夜の鐘が出動して

いない時に聞こえたらホッとしますが

それまでは内心、緊張しているのは例年の事です

来年も宜しくお願いいたします  (o^-^o)

Siyasin_179  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

葬儀の友引

葬儀の桐里センター 三ツ木です

友引は六曜のひとつです。六曜は先勝、友引

先負、仏滅、大安、赤口のことで、時刻の吉凶

に関するものであったようです。今日では日の

吉凶に使われていますが結婚式には仏滅を避

け、葬儀には友引をきらっていますが、実際に

は仏教とは関係がありませんし六曜も同様です

本来なかった考え方が入った例ってよくあります。(○゚ε゚○)

Siyasin_288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

お燈明

葬儀の桐里センター 三ツ木です

お燈明は闇の邪悪や迷いを排して真実の光

を捧げる意味または仏の知恵の光、慈悲の

光をたたえる意味の燈明です。

本来の燈明は種油に灯芯をひたして火をと

もすものでした。燈明は礼拝が終わったら

すぐ消すようにしましょう。

火の用心 忘れずに。(゚ー゚)

Siyasin_284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

位牌と仏壇

葬儀の桐里センター 三ツ木です

期中は、後飾りの祭壇に、遺骨、遺影、白木の

位牌を飾って供養します。仏壇が無い家庭は

忌明けまでに位牌と仏壇を求めます(宗派に

よって位牌を用いない場合があります)

白木の位牌は忌明けまでのもので、法要の

時に寺へ納めます。

お仏壇にお参りするするのも供養です。( ^ω^ )

015_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

火葬場への同行

葬儀の桐里センター 三ツ木です

普通、火葬場へは遺族と近親者が行くものです

が、遺族の方から頼まれた時や自分が同行し

たい時には、同行してもかまわないのです。

自分から希望する時には、あらかじめ遺族の

方に申し入れをしておくとスムーズに行きます

のでご参考ください。

意外と慌てることのひとつです。(*^-^)

Cimg0062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

お墓と水

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏前に供える水を{閼伽水}といいます

インドでは客を歓迎するのに水をさしあげる

風習があります。このようにインドでは水は

たいへん貴重な役割を果たしています。

仏教的には「煩悩の垢を洗う」というような

意義付けもされ、お墓参りのときにも、墓石の

上から水をかけて洗い清めるようになったよ

うです。

冬場の水は冷たく感じますけど。(*゚ー゚*)

Siyasin_097

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓と水

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏前に供える水を{閼伽水}といいます

インドでは客を歓迎するのに水をさしあげる

風習があります。このようにインドでは水は

たいへん貴重な役割を果たしています。

仏教的には「煩悩の垢を洗う」というような

意義付けもされ、お墓参りのときにも、墓石の

上から水をかけて洗い清めるようになったよ

うです。

冬場の水は冷たく感じますけど。(*゚ー゚*)

Siyasin_097

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

密葬と本葬

葬儀の桐里センター 三ツ木です

故人とおつきあいのあった友人、知人に

広くお知らせし葬儀をなさる前に色々な

事情から、とりあえず遺族や近親だけで

火葬をすませて遺骨にすることを密葬と

いいます。密葬後、日を改めて一般の

方にお知らせして正式に葬儀の本葬を

行うのが普通です。

社葬や年末などにあります。(*´ェ`*)

Siyasin_243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

お通夜

葬儀の桐里センター 三ツ木です

お通夜は、本来家族だけで最期の一夜を

ともに過ごすものでした。今日では、すでに

納棺し、家族だけだけでなく親族、知人、友人

が集まって故人を偲び、別れを惜しむ、集いと

なっています。夜を徹して行うこともなくなり、

六時ごろから八時ごろまでの通夜が多くなって

います。

お通夜の会葬の方が多くなっています。(゚ー゚)

030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

供養の心

葬儀の桐里センター 三ツ木です

供養はもともとは、尊敬するとか敬意を表する

ことを意味しました。出家僧はいっさい生産活

動にたづさわらず、人々の施しで生活をしてい

ました。一般の人達は、聖なる修行者に食べ

物などをささげることは、自分達の功徳になる

と信じており、これは、インドなどでは、今も

変わりありません。それが次第に仏菩薩に香

華を供えたり、死者の霊を祭って供物をささげ

るようになったわけです。

あなたの供養の心は・・・さて?(○゚ε゚○)

Siyasin_018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

墓参

葬儀の桐里センター 三ツ木です

彼岸やお盆、命日などに墓参をしますが

作法というほどのきまりごとはありません

が、墓地を清掃し、墓石に水をかけ、花

などを供えて合掌礼拝をします。

大切なことは、心のこもったお参りをする

ことと、周囲や他人に迷惑をかけないこと

といえるようです。

年末か年始の墓参も大切ですね。( ^ω^ )

Siyasin_281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

お葬式に意味があります

葬儀の桐里センター 三ツ木です

お葬式は、単に亡くなった方に対する

追善や供養という亡くなった方自身に

とっての意味だけではありません。

生き残った方々の亡くなった方に対

する追慕・感謝・尊敬の気持ちを表現

するという、生き残った方々にとっての

場という意味を持っているわけです。

お葬式は、最期の大事ですね。(゚ー゚)

Siyasin_204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

縁起って?

葬儀の桐里センター 三ツ木です

よく縁起が良い、悪いと言いますね。

すべてのことは、縁によって生じ、縁によって

変化し、少しもとどまることがないことをいい

ますが これも仏教用語で このほかにも以外

とさまざまな用語を自然に使っているのです。

たまに仏教嫌悪の方と会いますが、さて?。(゚m゚*)

Siyasin_127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

年賀欠礼

葬儀の桐里センター 三ツ木です

いつも年末にご相談を受けることに年賀欠礼が

あります。不幸のあった家では、最初に迎える

正月は一切の飾りつけや年始回りなどを行い

ません。 そして「喪中につき年末のご挨拶は

ご遠慮申し上げます」という挨拶状を十二月

の上旬に発送するようにします。

年賀状を書く時の気をつける事のひとつですね。(゚ー゚)

Siyasin_282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

精進していますか?

葬儀の桐里センター 三ツ木です

大分 寒さがきつくなってきましたね。

よく精進するとか精進料理など、精進を

耳にする事があります。

精進(しょうじん)は、一心に仏道に励み、心身を

清く保つことえおいいます。広い意味では雑念を

払って一つのことだけに打ち込むこといいます。

今流で言えば、がんばっていますか?かな。(○゚ε゚○)

Siyasin_231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

除夜の鐘 まもなくですね

葬儀の桐里センター 三ツ木です

年末の夜半に除夜の鐘を打つのは日本で

始まったものです。お釈迦様がたびたび

説法された祇園精舎には、鐘があったそうで

現在の鐘の形は中国で始まったようです。

朝夕に鐘を鳴らすのも中国で始まり、朝の鐘

は眠りを覚まし、夕べの鐘は目のくらんだ迷い

をさますためといわれています。

おかげさまと感謝しています。(*^.^*)

Siyasin_198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

供物のお話

葬儀の桐里センター 三ツ木です

花環と同様に、都内では供物の果物篭もあまり

見かけなくなりました。ただ地方のご親戚などが

参列される時は供物としてお供えするようです。

もっとも果物をたくさんいただいても後が大変と

いう理由があるようで、初七日を終えて散会

の折、分けて差し上げるなどします。

でも 青森のご親戚に渡した時はニンマリでした。(^-^;

Siyasin_187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

斎場へお願いします

葬儀の桐里センター 三ツ木です

都内の場合 依頼のご連絡で病院などから

「斎場へお願いします・・」というのも比較的多くなっています

住宅事情も昔とは大分変わってきていますし遺族の要望も

多分にあり、どのような段取りでも可能です。

やはり、お通夜~告別式~火葬~初七日まで一箇所で

すべて行える火葬場併設の斎場は人気があり 時期によっ

ては混むときもありますが、余裕をもって行えるのでその

方が良いようです。

葬儀もスタイルがありますね。(゚ー゚)

Siyasin_291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

弔意を示すとは

葬儀の桐里センター 三ツ木です

都内の葬儀では、まず見られなくなったものに

外部にお供えする花環があります。

以前は、お葬式を執り行っているなとよく実感

していたものです。立派な送りの現れでもあり

弔意を示したものでしたが 今は地方で主に

供えられています。これもまた、華美の類に

入るものではないと思われます。

近頃は淋しい送りを質素というようです。┐(´-`)┌

Siyasin_105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

会葬のマナー

葬儀の桐里センター 三ツ木です

会葬に出向いた時 受付を終えその後どこに

いたら良いか迷うときがありますね。

通常 葬儀屋さんのスタッフなどがご関係など

を確認して案内や誘導をしますが会葬者が

多い時もありますので自発的に係りへ申し出

るとスムーズに行きますしマナーでもあります。

わからない事は係りに聞くのが一番です。(o^-^o)

Siyasin_091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

体調にあわせて弔問

葬儀の桐里センター 三ツ木です

昨日の雨もだいぶ降りましたね 寒いし。

大きなファンヒーターで暖をとりながらお通夜を

する時期となりました。あわせて新型インフルエ

ンザの事もあるし最近のお通夜は高齢者の方の

弔問は日中の告別式にされる傾向にあります。

今でも火葬場で急に具合の悪くなる方もありますし

くれぐれも体調にあわせて参列しましょう。

葬儀屋さんのマスクマンもよく観かけます。( ^ω^ )

Siyasin_046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

葬儀屋さんのサポート

葬儀の桐里センター 三ツ木です

斎場での葬儀進行の実際のサポートは葬儀屋さんの

スタッフがお世話してくれます。そのため、事前にどの

ような感じで執り行うかを確認して、意向にそうように

施行サービスを提供するわけです。

写真の例は都内の斎場でのものですが、女性も含め

数人のスタッフがお世話しているのがよくわかります。

勿論、アクシデントもありますがご理解を。(*^.^*)

Siyasin_059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

最近の火葬場

葬儀の桐里センター 三ツ木です

昔は煙突があって情調も感じられる火葬場が

多かったですが今の都内で見られなくなりました。

そのかわり、近代的な火葬場=斎場へと変貌し

ていて意外と人気の式場です。久しぶりに行かれ

た方が驚かれるのもよく観かけます。

葬儀も日々進化しているようですね。(○゚ε゚○)

Ph_kirigaya011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

都内の火葬場併設の斎場

葬儀の桐里センター 三ツ木です

都内には火葬施設と葬儀式場を併せ持つ斎場

が数多くあります。家族だけの比較的小さめの

式場から、普通規模の式場、大規模の式場など

用途に応じてお借りすることができるようになって

いますが斎場によって式場数ほか相違があります

ので葬儀屋さんにお任せになれば安心です。

最近は弔問の際に見学・質問される方もいます。(゚ー゚)

Siyasin_292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

法話

葬儀の桐里センター 三ツ木です

通常 お通夜か告別式に法話があるのが

仏教式の葬儀ですがお寺のお考えや時

間の有る無しなどにより 後日の忌明け

法要の時にされる場合などさまざまです。

普段のお寺の集まりでもお話を聞くことが

できますので一度は行かれると良いと思い

ます。

意外と知らない事が聞けるかもしれませんね。(o^-^o)

Siyasin_293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

葬儀の手伝い

葬儀の桐里センター 三ツ木です

ある程度の規模の葬儀でしたら手伝いが

必要になります。場所によっても違いが

ありますがやはり多めの方が良いようです

多少多くても連絡や誘導の役目に当てる

ことができるからです。

チームも大切なことですね。(゚ー゚)

Siyasin_040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

葬儀の華美はありません

葬儀の桐里センター 三ツ木です

よく「葬儀は華美でなく・・・」というのがありますが

本当は葬儀で華美というのはまずありません。

あえて言えば立派が相当だと思われます

ということは「葬儀は立派でなくても・・・・」となりま

すが それで良いか悪いかは孝徳の有る無しです。

さて あなたはお持ちですか?孝徳。(゚ー゚)

Siyasin_108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

故人への思いを残す

葬儀の桐里センター 三ツ木です

昔と違って現在では、デジタルカメラの普及に

より どちらの葬儀でも撮影されている方をよく

観かけ大分便利になりましたね。

折角 故人への思いをあらわしているのですか

ら、できれば記録として残しておきたいものです。

但し、場所によっては撮影が出来ない場合も

ありますから確認しなければなりません。

カシャの音は気になるけど。(*^-^)

Siyasin_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

今年もありがとう・・で

葬儀の桐里センター 三ツ木です

今日も取引先からお歳暮が届ききました

神戸 フランツのチーズケーキ、プリン。生

チョコレートの詰め合わせです。

いつもありがとう  ご苦労さまです。

葬儀屋さん少しの間 しあわせ。(o^-^o)

Siyasin_287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

故人との対面

葬儀の桐里センター 三ツ木です

今日もよく雨が降りますね 寒いし。

お通夜、告別式でよく故人と対面を希望される事が

あります。対面できるとわかると次から次と続く時も

あり 慕われていた様子を観ることもしばしばです

でも葬儀の式場によっては、広さにより対面設営が

出来ない事もあります。必ずしもこじんまりの式場が

良いとは言えないようです。

葬儀の場所も注意する点のひとつです。(*^.^*)

Siyasin_041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

ご焼香は?

葬儀の桐里センター 三ツ木です

葬儀の焼香でよくあることに「焼香はこれからですか」が

あります。仏式の葬儀は宗派やお寺によって違いがあり

ますので葬儀屋さんは前もって段取り確認をして了解を

得るか指示に従うようになっています 時にはお通夜の

弔問の掛け持ちの方がいて、いきなり「早くしたいの」が

ありますがその辺を理解していただきたいものですね。

本当は式の中程での焼香が正式ですけど。┐(´-`)┌

Siyasin_276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

葬儀は最期のことです

葬儀の桐里センター 三ツ木です

葬儀のスタイルをはじめ地域性による違いはあるにしても

故人を送る最期の事であるのはいずれも同じです。

子供が親をできる範疇で立派にこの世からあの世へ送り

だすのはきわめて普通の行いでしょう。そして後々まで

伝え口にされるのも葬送の儀礼の特徴のひとつです。

わからない時はお気軽に!(*゚ー゚*)

Siyasin_136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »