« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

まもなく開式

Siyasin_292

葬儀の桐里センター 三ツ木です

写真は、まもなく開式のときのもので

す。会葬者を迎え入れ緊張の1時間

が始まります。

多いのかな少ないのかなと思いつつ。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

黒い霊柩車

T021

葬儀の桐里センター 三ツ木です

写真は霊柩車(普通型)です。

タイプは、この他にもいろいろあります

が意外と働き者です。病院などからの

移送、自宅から式場への移送、時には

葬儀の火葬場移送と活躍しています。

24時間対応でサポートの一つです。(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

スタジオっていう感じ

Siyasin_282

葬儀の桐里センター 三ツ木です

写真は、臨海斎場(大田区)での

お通夜の様子です。公営だから

でしょうか公共施設らしさが出て

いますね。いつも思います。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

お参りも大事

Siyasin_244

葬儀の桐里センター 三ツ木です

いろいろなご縁のあった方からお参りを

いただくことは、区切りとして大事な面で

もあります。葬儀は、それらを果たす送り

の儀でもあるんですね。

葬儀屋さんは、いつも思います。(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

雨でも雪でも 嵐でも

Siyasin_266   

葬儀の桐里センター 三ツ木です

天候によっても葬儀は変わります。

できれば、どんな事でもベストにして

おけば良いと思います。

真夏の自宅葬儀で「暑さを止めて!」

というのが、あったとか さて・・・。(゚m゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

イエスさまで ほっ。

Siyasin_085

葬儀の桐里センター 三ツ木です

これはキリスト教会での葬儀です。

讃美歌があり、最後に一斉で献花を

しますが、リラックスした中で執り行

われますので葬儀屋さんもほっとします。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

葬儀で安心できます

012 

葬儀の桐里センター 三ツ木です

葬儀は、はじめてでどうしたら?って

思いがちですがご心配ありません。

おまかせいただければ、終わりまで

スムーズに進行します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

葬儀らしさ

Siyasin_066

葬儀の桐里センター 三ツ木です

これは、桐ヶ谷斎場(品川区)での葬儀の

模様です 通夜~香別式~火葬~十日祭

までこちらで執り行いました。

都内での葬儀は、便利と実感です。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

葬儀のオリジナル

Siyasin_001

葬儀の桐里センター 三ツ木です

送りのスタイルも少しずつ変わっています。

これは当社の仏式でのオリジナルのひとつです

創業歴のある専門店ですのでいろいろと調製して

いますが、祭り壇は執り行う方の思いをあらわす

ものです。(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

葬儀は 送りの儀礼

Siyasin_124

葬儀の桐里センター 三ツ木です

近頃 (お葬式は要らない)という書籍が

出たようです。お葬式をする意味がわか

らないそうで、お寺なり教会なりでおたず

ねになればわかるでしょう。

葬儀が伝承儀礼の一つには、まちがい

ありません いかがなものでしょうか?(゚m゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

葬儀は 多様化しています

Siyasin_058_2

葬儀の桐里センター 三ツ木です

最近は、葬儀も多様化してきました。

ご家族の意向を第一に葬儀屋さんは

お世話いたしますが、形式や規模に

よってさまざまですので、前もって

ご相談されるほうが、良い送りで

終えられているように感じます。

慌てずに済むのがなによりですね。(゚ー゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

供花と供物

葬儀の桐里センター 三ツ木です

もともとは、生花も花環も供物も香典と全く

同じ意味あいのもので、いずれも故人の

冥福を祈るためにささげるものです。

生花は近親者や故人とのつながりの深か

った人が供えることが多いです。

気持ちをあらわすってすばらしいですね。(*゚ー゚*)

20070522_cimg0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

仏名こんな事

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏名は仏の弟子になった、また仏教に帰依した

という意味ですから、生前にいただいても、差し

支えありません。仏名をいただくときは、本人と

家族も列席して本堂で儀式を行い、仏名を書い

た書き付けは大切に保存しておくものです。

生前に墓地を準備しておくのと同様ですね。(゚ー゚)

Img1091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

香と線香

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏前にたかれる香は、芳香と香煙で清浄な

仏の世界を私たちに感じさせてくれますが、

何種類もの香を粉末にしてねり固めたもの

が錬香、粉の状態でくべるのが抹香です。

最近はいろいろオシャレなお香を観かける

ようになりました。(゚ー゚)

Siyasin_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

不可思議

葬儀の桐里センター 三ツ木です

言葉で言いあらわしたり、心で推し量ることの

できないことを「不思議」とか「不可思議」とも

いいます。仏の悟りの内容は論理で説明で

ないということです。「妙だ」も同じ意味です。

世の中も不思議な事が多いですね。 w(゚o゚)w

Siyasin_177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

寒くてもガンバ

葬儀の桐里センター 三ツ木です

バンクーバー五輪も開幕ですね。

今日は寒く雨も降ったりしてテレビを見れば

これまた寒い中ニコニコ開幕式をしています

やっぱり気合入っているなーと感心しきり。

葬儀屋さんも出動がかかれば昼夜を問わず

急行します 寒い暑いもなんのその。

気合を入れてガンバのこの頃です。(*^.^*)

Siyasin_280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

香典の袋で

葬儀の桐里センター 三ツ木です

最近では祝儀・不祝儀の袋が各種そろって市販

されていますので、同じ不祝儀袋でも格式や金額

によって選べるようになり、多くの場合は市販の

袋が利用されています。多くの市販の香典袋の中

にしきたり通りの包みが混じっているとひときわ

印象的なもので、人柄がしのばれます。

感心します。(o^-^o)

Siyasin_071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

骨上げは

葬儀の桐里センター 三ツ木です

死を実感として感じ、はかなさを痛感させられるのが

骨上げです。引き出された鉄板の上の遺骨を囲んで

火葬場参列者全員で骨あげをします。係員に箸を

渡され、骨を拾い骨壷に入れます。

思いをめぐらす大事なときです。(゚ー゚)

018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

表書きのいろいろ

葬儀の桐里センター 三ツ木です

入魂御礼は新しく仏壇を設置したり、お墓を造ったときなど

に、入魂供養のお礼に、御善料は、食事を供することが

できなくて、そのかわりにさしあげる場合に、御香料は

たむける香の代金としての意味で、などなど状況に応じて

用意されるものです。

わからない時は事前に聞くのが一番ですね。(゚ー゚)

030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

墓地のいろいろ

葬儀の桐里センター 三ツ木です

よく新聞や折込、テレビなどで墓地の案内を

観かけますが、墓地にもいろいろあります

民営の墓地は、寺院や教会が管理している

ぼちのほかに近年では郊外に広い敷地に

緑を配した公園墓地の造成が盛んで墓地の

イメージもずいぶん変わってきています。

ぼちぼちいかがですかのひとつですね。(*^-^)

20070302_cimg0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

念仏のこんな事

葬儀の桐里センター 三ツ木です

念仏の修行する信者の会合を念仏講といいます。

毎月定められた日に集まって一心に念仏を唱え

極楽往生を願うものです。数珠くりといって、車座

になって信者が大きな数珠を順に手繰りながら

念仏を唱えることもあります。

宗派によっていろいろありますね。(o^-^o)

Siyasin_017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

弔辞のマナー

葬儀の桐里センター 三ツ木です

弔辞を読まれる時は、司会者に指名されたら

立ち上がって遺族席に一礼し、祭壇前かマイ

クのそばへ進み出て、遺影に一礼します。

そのあと、弔辞は卓上か適当なところがなけ

ればポケットの中へ入れるなどして、読み上

げます。

緊張する一場面ですね。(゚▽゚*)

Siyasin_130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

坐禅とは

葬儀の桐里センター 三ツ木です

坐禅は自分の心身を安らげる楽しい教え

でもあります。禅宗といわれている曹洞宗

臨済宗も坐禅の組み方は、多少の違いは

ありますが、坐禅に対する考え方をのぞけ

ば差はないでしょう。

日本をはじめ世界でブームですね。( ^ω^ )

Siyasin_068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

不可思議

葬儀の桐里センター 三ツ木です

言葉で言いあらわしたり、心で推し測ること

のできないことを「不思議」とか「不可思議」

といいます。仏の悟りの内容は論理で説明

することはできないということです。

でも、世間では不可思議な事が多いですね。(*^-^)

Siyasin_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

分骨って?

葬儀の桐里センター 三ツ木です

なかには分骨を希望されるときがあります。

分骨は、一人の遺骨を、二ヶ所以上のお墓に

分けて納骨することをいいます。改葬とは

違って、法律的にはあまりむずかしい手続き

はありません 最初から分骨をすることが

わかっていれば、火葬のときに分骨用の骨

壷にお骨を入れることができます。

急に言われるとドキッとしますけど・・。(゚m゚*)

Siyasin_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

魂入れる供養

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏壇などを買い求めても、そのままでは単なる

品物にすぎないので、お寺さんに開眼供養

(魂を入れる儀式)をしていただくことになります

魂を入れることって大事ですね。(・∀・)イイ!

Siyasin_265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

しきたりの大切さ

葬儀の桐里センター 三ツ木です

しきたりの大切な点は、意味を知って、その意味を

それを生かした形を考え行為にあらわしていくことです。

葬儀の場合には、最もしきたりが多いといわれて多くの

方々が気にするところですが、故人の葬送を手厚く

行いたいと願う心から生まれたものなので、どんな

しきたりに出会ってもその意味を考えてみることで

心のこもったものとなると思います。

しきたりを知るって大事ですね。( ^ω^ )

Siyasin_062 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

仏名のつけかた

葬儀の桐里センター 三ツ木です

仏名をつけるにあたっては、その人の生前の身分、

名前、性格、職業、趣味などを考慮し、そのうえで

字の形や音の響きなども考えてつけてくださるもの

です。仏名には格付けがあり、男子、女子、また

成人、子どもなどによって用いる字が違ってきます。

名前は色々と考慮されているものですね。(*゚▽゚)ノ

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »